解決の方法

弁護士はさまざまな法的な手段を用いて交渉を行います。まずは、内容証明による督促状の発送です。この督促状によって、法的にも正式に売掛金回収に関して動き出したことを債務者に示すことができます。

弁護士事務所の名前で債務者に対して送付されますので、債務者としても法的な手続きが今後取られていく可能性を感じることができるでしょう。この督促状だけでも精神的にはかなりのプレッシャーを与えることも少なくなく、売掛金の回収に成功することも少なくありません。もし、そうした督促状を送付しても支払いに応じない場合は、支払い督促といった裁判所から支払いを命じてもらう方法や、民事調停によって第三者が介入して双方の歩み寄りの機会を設けるなどの方法をとります。

こうした手順でも難しい場合には、通常訴訟となりますが、売掛金の金額が60万円以下の場合には少額訴訟という簡易的な裁判で解決することも可能です。少額訴訟を行うためにはそれまでに十分な証拠がないと成立しないため、専門的な知識に精通した弁護士に依頼しないと迅速に進めない場合もあります。

こうした方法を駆使しても解決できない場合には通常訴訟による裁判によって争うことになりますが、早期から弁護士に依頼することによって、より有利な証拠を積み上げることが可能となるでしょう。