売掛金回収に関するトラブル

商売とは取引先があって初めて成立します。取引先に対して商品を販売したり、何らかのサービスを提供したりするなどして、その対価を得ることによって利益が生まれます。しかし、時折その対価が支払われないことによるトラブルが発生します。それが売掛金の回収に関するトラブルです。

売掛金回収、つまり、サービスや商品に対する対価が支払わなければいくら取引先が多くても商売としては成立しないのはもちろんですし、商売として成り立たせるためには、たとえ小額であったとしても泣き寝入りの姿勢を見せることはよくありません。いくら懇意にしている取引先であったとしても毅然とした態度を示すことによって、プロとしての明確な線引きを行うことができ、売掛金のトラブルが習慣化したり、より深刻なものになったりすることを防ぐことができるでしょう。

売掛金のトラブルはできることなら当事者間の話し合いで解決したいと思われるのは当然のことかもしれません。もちろん、当事者同士の平和的な話し合いで、債務者が支払いに応じてくれるなら特に大きな問題にはならず、その後の取引にもさほど影響を与えないかもしれません。

しかし、実際には当事者間の話し合いでは解決されないことも少なくなく対処が先延ばしになればなるほど、債権者の権利がなくなっていくことすらあるのです。大事な売り上げを落とさないためにも、弁護士による早期の解決が得策であることは少なくありません。ではどのようなメリットがあるのでしょうか。